トップページ

    このサイトでは過走行車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「過走行車の買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    過走行車を高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1つの買取店のみとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は明らかに損をする(かなり安く買いたたかれます)ので考え直してください。

    このサイトでおすすめしている一括査定サービスを使えば数分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数社から買取査定の概算価格を比較することができます。利用料は完全無料で全国対応です。

    「この車は過走行車だから高く売れないんじゃないか…」と思っている場合は、一括査定サービスを賢く利用して1円で高く買い取ってもらいましょう。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと言うくらい有名なので安心感も抜群です。
    提携している業者も1000社を超えてダントツ№1!最大50社へ過走行車の買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「年間1万キロ以上走っている過走行車の買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額が分かるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐに年間1万キロを超えるペースで走っている過走行車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が送信されないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、過走行車で10万キロ近く走っていても高く売れる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに多くの会社から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    過走行車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車一括査定サービス。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「10万キロを超えている過走行車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    依頼申し込み後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている厳選された業者だけが登録しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで総走行距離10万キロを超えている過走行車でも高価買取が可能になります。

    最大で10社が過走行車の見積もりをしてくれるので、納得できる価格を提示してくれた会社に長年大切に乗ってきた車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる代表的な一括査定サイト。
    提携企業は約200社以上、最大で10社の業者が過走行車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで買取業者ごとの査定額を比べることができるので、複数業者に査定のお願いをして10万キロ近く走ってきた過走行車を1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サイト。
    過走行車の買取査定の依頼だけでも楽天5ポイント、成約(売却)するとさらに楽天1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    年間1万キロペースで走ってきた過走行車を高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのはありがたいですよね。提携企業は約100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、最大で10社の会社が過走行車の査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    中古車の売却を考えたならば、まずはじめにしなければいけないことは、今のところ車が一体どれくらいの査定相場なのか分かっておくことです。

    相場が判明していれば買いたたかれてしまう可能性を随分と減らすことが出来るでしょうし、車の査定相場よりも高い金額を提示してくれた会社に直ぐにそこで契約まで進んでも構わないでしょう。

    Webで簡単に多くの店舗に車の一括査定をしてもらえるサイトがありますから、このようなホームページで相場の値段を知ることはとても簡単です。

    インターネットの車の一括査定サイトを使うときの注意点として、査定してくれた時に最高額を表示してくれた店舗がそのまま最高だとはいいきれない点があります。

    同時にたくさんの見積もりを比較して、ずば抜けて相場よりも高い査定金額を表示している買取専門店がある場合には「なにか変だな」と感じた方が良いでしょう。

    中古車買取をその業者で行う際、契約が終了した後になってさまざまな理由を後付けされて現実に買取額を低下させられるケースもあることでしょう。

    中古車一括査定サイトなどを利用して知ることが可能な金額は、あくまでも簡単な査定方法にて導いた金額になっています。

    同じ車種の同じようなグレードでもその車ごとにその状態はまちまちですから、具体的な実際の査定金額は車を目で見て確認しないと算定することは不可能です。

    ですから、オンライン査定で得られた情報通りの価格が必ずしも実買取時に同じように示される訳ではないので、注意すべきと言えますね。

    サギ紛いの不当な契約を結ばないよう、中古車業者に車を売る時に注意すべき点があります。

    当然のことながら、あらかじめ契約書をよく読んでおくことです。

    細かい文字まで読まないという人も多いですが、契約書というものは各自が署名捺印すれば「納得したもの」と見なされ、効力が生じます。

    事前説明と異なる契約内容になっていないかなど金額に関する文言は注意しなければいけないのは言うまでもありません。

    細かいところまで読んでから契約書を交わすようにしましょう。

    中古車買取業者の訪問査定を受ける際は、雨の日や夜など薄暗いときにすると本来の額より高く見積もってもらえる可能性が高いという話をたまに聞きます。

    光の反射がなく車体の傷が目立ちにくいので、マイナスポイントがつきにくいというのがその根拠だそうです。

    とはいうものの、見逃す程度の擦りキズが大幅に査定に響くことは考えられません。

    実際には天気や時間帯を気にせず多くの業者に来てもらったほうがずっと良い効果が得られるでしょう。

    誰だって自分が契約を取りたいに決まっていますから、査定の金額も高くなるからです。

    中古車の売却を考えている場合、査定を受けるために買取業者の店舗に現物を直接持ち込むのはよほど急いでいない限りおすすめしかねます。

    一社では提示された金額が相場かどうかもわからないため、価格交渉の根拠がなく、安値になる可能性が高いからです。

    ただ、ひとつだけ有難いのは、「スピード」の一点に絞られるでしょう。

    店まで査定対象となる車を運び入れてしまうのですから、実印(普通乗用車の場合)や必要書類が整っていれば、乗り付けた日のうちに契約なんてことも充分可能です。

    一度払った自動車税は還付されないと思っている人が多いでしょうが、月割りで還付されるケースがあります。

    これは、一般的な普通自動車を売らずに廃車にすると戻って来ます。

    廃車にするのが軽自動車だったときには、自動車税は戻りません。

    そうはいうものの、税金を払ったばかりなどで残り期間がたくさんあるなどのケースでは、残りの税金分を中古車買取店が査定額に上乗せしてくれることもあるのです。

    良心的な業者があると言っても、査定の時に税金分はどうするかについて充分に説明してくれる買取店ばかりではないのが現状です。

    じっさいに売ってしまう前に必ず聞いておくと良いでしょう。

    中古車買取店に車を売るために最近見かけるインターネット一括査定システムに登録すると、現物を見せてくださいという内容の電話が殺到し、対応に困ることも少なくありません。

    そこまで対処している暇がないという人は、連絡手段として「メールのみ」が選べるサイトから査定を依頼したほうが良いでしょう。

    ひどい営業マンに当たると昼夜区別なくこちらの状況を考えずに連絡を繰り返してくることもあるようです。

    それなら最初からメールのみにしておけば、誰にも迷惑をかけないですし、気分的にも楽になるでしょう。

    自動車が欲しいという人が多い時期は、自動車を売却する人にとっても高値で取り引きできるチャンスです。

    車を買いたいという需要がアップすればするほど供給も必要になり、買取価格は自然と上がります。

    9月と3月は会社の決算月なので他の月よりも中古車販売店は売ることを重要視しますから、交渉次第では買取額がアップする可能性が高いのです。

    9月は、さらに夏のボーナスが出て間もない時期であることから車を購入する人が多くなりますから売却にも有利な時期です。