トップページ

    このサイトでは過走行車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「過走行車の買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    過走行車を高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1つの買取店のみとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は明らかに損をする(かなり安く買いたたかれます)ので考え直してください。

    このサイトでおすすめしている一括査定サービスを使えば数分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数社から買取査定の概算価格を比較することができます。利用料は完全無料で全国対応です。

    「この車は過走行車だから高く売れないんじゃないか…」と思っている場合は、一括査定サービスを賢く利用して1円で高く買い取ってもらいましょう。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと言うくらい有名なので安心感も抜群です。
    提携している業者も1000社を超えてダントツ№1!最大50社へ過走行車の買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「年間1万キロ以上走っている過走行車の買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額が分かるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐに年間1万キロを超えるペースで走っている過走行車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が送信されないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、過走行車で10万キロ近く走っていても高く売れる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに多くの会社から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    過走行車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車一括査定サービス。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「10万キロを超えている過走行車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    依頼申し込み後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている厳選された業者だけが登録しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで総走行距離10万キロを超えている過走行車でも高価買取が可能になります。

    最大で10社が過走行車の見積もりをしてくれるので、納得できる価格を提示してくれた会社に長年大切に乗ってきた車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる代表的な一括査定サイト。
    提携企業は約200社以上、最大で10社の業者が過走行車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで買取業者ごとの査定額を比べることができるので、複数業者に査定のお願いをして10万キロ近く走ってきた過走行車を1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サイト。
    過走行車の買取査定の依頼だけでも楽天5ポイント、成約(売却)するとさらに楽天1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    年間1万キロペースで走ってきた過走行車を高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのはありがたいですよね。提携企業は約100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、最大で10社の会社が過走行車の査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    たいていの場合、中古車販売店等に車を売った際に査定書が発行されることはなく、査定書を望んでも発行してもらえない場合が多いのが現状です。

    例えば遺産相続に関してや、自己破産の際に必要になる資産証明などで査定額が分かる証明書が必要になった際には、日本自動車査定協会(JAAI)に査定を依頼する必要が生じます。

    協会の事業所は日本国内に全部で50ヶ所以上あり、無料で査定してくれるわけではありません。

    それから、事前に査定の申し込みが必要です。

    知っておいて損はないでしょうが、中古車買取の市場においては、大手の買取会社と小中規模の買取店舗では車を査定するときのスタンスが異なっているという点が挙げられるでしょう。

    資金力が豊富な大手の買取業者は、自前の販売ルートを通して売ることも多いですから、中古車を積極的に買い取るのです。

    しかし、買い取りの基準は社内規定で厳しく決められていることが多く、価格の交渉をしようにもあまりその余地がないのが一般的です。

    反対に小規模の買取業者などは一車種ごとに競りで販売することが主ですから、関わった中古自動車査定士が「これはいける」と思えば見積もりがアップする可能性が大きいのです。

    注意して車に乗っていても自然に付く少々の傷やへこみ等は、マイナス査定にならないケースがほとんどですから、あまり神経質になることはありません。

    例えば、キズに爪が引っ掛かるほどのものや明らかにへこみがある場合、塗装がはがれていたりする場合にはマイナス査定になりますが、マイナス査定されるのを避けようとして個人で直したとしても自分で直した費用に見合う金額が上乗せされることはないのです。

    査定で業者に来てもらうなら夜間や雨天のほうが金額的に有利だという意見は根強いようです。

    暗くて反射光も少なく車体が見にくいため、マイナスポイントがつきにくいというのがその根拠だそうです。

    ただ、そんな儚い期待を抱くより、来てくれるならいつでもという構えで短期間に一社でも多く見積りに来てくれたほうが効率的です。

    来たからには見積りに勝って契約をとりつけて帰りたいという競争心が働きますし、査定の金額も高くなるからです。

    修理しようもない状態になった車は全損扱いになりますが、一口に全損といっても2種類に大別できます。

    物理的全損といって修理すら出来ないお手上げ状態が1つめで、次に、経済的全損といって車両保険の給付金をもってしても修理費が払いきれない状態もまた全損と言います。

    保険の支払額というのは時価計算で、その時々の市場相場に基づいています。

    日本自動車査定協会発行のリファレンスなどで保険会社は適正な金額を算定します。

    もし実勢価格と違うと思ったら、きちんとした説明を求めるべきですし、改善してもらう点でもあります。

    どこに査定を頼んでも値段がつかないと言われてしまった時は、次の選択肢は2つしかありません。

    そのまま廃車にするか、過走行車や事故車など廃車手前の車を扱っている専門業者に売却するといったところでしょう。

    業者はそういった車を中古車市場に流すことはせず、パーツ分けして修理屋に売却するなどして商売しています。

    つまり、よそがやらない手間をかけているためにワケありの車も買い取ってくれるというわけです。

    そのまま廃車に直行するより、こちらの方がオトクです。

    また、廃車手続きの代行も行なっています。

    どんな場合でもそうですが、契約書に書かれている内容を充分に理解すると言うことは、車関連の話に限定されることなくいろいろな売買契約を行う際に非常に重要になってきます。

    サインをしたり印鑑を押してしまえば、契約書に書いてあることは全部法的に効力を発揮します。

    書かれている自動車の内容に問題はないか、金銭面で分かりにくい箇所はないか、充分にみていくことが肝心です。

    ちょっとでも不安を感じたら納得するまでスタッフなどに質問する姿勢は大事にした方が良いですよ。

    中古車買取店に車を売るためによくある一括査定サイトなどに登録すると、ぜひ訪問させてくれという電話がたくさんかかってくるでしょう。

    対応する手間と時間を省きたいのでしたら、メール連絡を選択できるサイトをあらかじめ利用するようにすると良いでしょう。

    営業マンにもよるのですが、顧客の都合や時間帯も無視した電話をしつこくかけてくる例も実際にあることですし、登録したメールアドレスあての連絡以外を受け付けないようにすると、生活や業務に支障を来すこともないでしょう。

    最近売られている自動車は最初からカーナビゲーションシステムが標準装備されているものが多数派となってきました。

    こういうわけで、単にカーナビが搭載されていてもさほど査定額に影響を及ぼさなくなりました。

    後付けで高額なカーナビを取り付けているようなケースに限って言えば見積額が高くなるかも知れません。

    高額なカーナビシステムを取り外すのが簡単ならば、事前に外してしまってカーナビだけ別にしてオークションで売ることも良い方法でしょう。