トップページ

    このサイトでは過走行車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「過走行車の買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    過走行車を高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1つの買取店のみとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は明らかに損をする(かなり安く買いたたかれます)ので考え直してください。

    このサイトでおすすめしている一括査定サービスを使えば数分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数社から買取査定の概算価格を比較することができます。利用料は完全無料で全国対応です。

    「この車は過走行車だから高く売れないんじゃないか…」と思っている場合は、一括査定サービスを賢く利用して1円で高く買い取ってもらいましょう。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと言うくらい有名なので安心感も抜群です。
    提携している業者も1000社を超えてダントツ№1!最大50社へ過走行車の買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「年間1万キロ以上走っている過走行車の買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額が分かるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐに年間1万キロを超えるペースで走っている過走行車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が送信されないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、過走行車で10万キロ近く走っていても高く売れる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに多くの会社から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    過走行車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車一括査定サービス。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「10万キロを超えている過走行車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    依頼申し込み後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている厳選された業者だけが登録しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで総走行距離10万キロを超えている過走行車でも高価買取が可能になります。

    最大で10社が過走行車の見積もりをしてくれるので、納得できる価格を提示してくれた会社に長年大切に乗ってきた車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる代表的な一括査定サイト。
    提携企業は約200社以上、最大で10社の業者が過走行車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで買取業者ごとの査定額を比べることができるので、複数業者に査定のお願いをして10万キロ近く走ってきた過走行車を1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サイト。
    過走行車の買取査定の依頼だけでも楽天5ポイント、成約(売却)するとさらに楽天1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    年間1万キロペースで走ってきた過走行車を高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのはありがたいですよね。提携企業は約100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、最大で10社の会社が過走行車の査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    中古車の査定価格には、車体の色もかなりの比率で関係してきます。

    定番カラーである白や黒は安定した人気があるので、多少高めに見積もって貰える場合がほとんどです。

    定番色とは反対に原色系の赤や黄色、青などのボディカラーの場合は好き嫌いがありますので、定番カラーよりも見積額をダウンさせられてしまう場合もあります。

    しかしながら、中古車の査定価格は査定時点でのオークションの相場により上下しますので、人気のある特定のボディーカラーにプラスの見積もりがなされる可能性があるのです。

    できるだけ高く中古車を売却するには、査定を一店舗で終了させないで多くの会社へ査定をお願いするのが手っ取り早い方法です。

    他社の見積金額を見せて交渉することで車の査定金額が変化する事は珍しくありません。

    いっぺんに複数の業者に査定をお願いするには中古車の無料一括査定サイトを使うとベターですが、この時に異様に査定額が高いところは詐欺まがいのことをされるかもしれませんので気をつけましょう。

    売っても良いかと考え中の中古車にこのような値段では売るのは嫌だと思うような金額を査定士に示された時は、それなら売るのは止めると言うこともできるのです。

    中古車の見積もりを出してもらいに行ったとしても、車を絶対に手放さなければならないという法律はありません。

    最初の段階の見積もりでは納得できないと伝えると一回断ったことで金額交渉のチャンスが生まれる場合もあるでしょうし、ほかの店舗に行けば今よりもずっと高い見積もりを出してくれるかもしれません。

    自分が嫌だと思ったならばハッキリと断りましょう。

    現在使用中の車を売ってしまうと新車納入の日までに間が空くことも考えられます。

    週末ドライバーならあまり気にならないかもしれませんが、車がないと困る人は必要に応じて代車を用意してもらうことになります。

    実際、代車の手配はどこの買取り業者でも受けてくれるというものではありません。

    新しい車がいつ納入されるかにもよるでしょうが、必要になりそうなら、代車手配の有無については査定を申し込む前に業者に確認しておきましょう。

    純正以外のホイールに履き替えている車を売却する際は、出張査定に来てもらう前に純正に戻しておくことをおすすめします。

    例外はあるかもしれませんが、メーカー純正品だと査定はプラスされる傾向があるからです。

    状態が悪ければ意味がないので屋内か、でなければカバーをかけるなどして大事にしましょう。

    状態にもよりますが、他社製ホイールというのはカスタムショップやネットオークションで高値で買ってもらえる例もあるため、キズをつけないようにしましょう。

    車を買い換える際、ディーラーに下取りを頼むと次の車が届くまでは古い車に乗り続けることができます。

    しかしながら自分で買取業者を探して売る場合は、納車までに車がない期間が生じる可能性もあります。

    どうしても車が必要であれば、業者に査定依頼する際に契約には代車があることが不可欠であると伝えておかなければなりません。

    うっかりしていると業者次第で取扱いの有無は変わるので早いうちから確認しておくことが大事です。

    全く動かなくなった自動車のことを「不動車」と呼びますが、この場合もはじめから売ることをやめてしまうことはありません。

    動かなくなっていても価値があるケースもあるからです。

    部品単位でみれば故障しておらずまだ使える部品もあるでしょうし、パーツごとに値段をつけて買取を行ってくれる店はあるところにはあるのです。

    しかし、一般のお店では買取を断られるケースもありますから、事前に調べて不動車を査定してくれるお店にじっさいの見積もりを出してもらって納得したらそこで売却すれば良いのです。

    今乗っている車を手放して売ろうとするときには何点かの書類が入り用になります。

    しかしながら、自動車関連の書類をなくさずにひとところにまとめていて、なおかつ住所の変更や姓の変更がないのであれば、印鑑証明書だけ新しく取得すればOKです。

    車を売るときだけでなくて、印鑑証明は車を購入する際にも必要になってくるので、車の売却用と購入用に2枚一緒に取っておくと良いかも知れませんね。

    ちなみに有効期限は印鑑証明書を取得した日から3ヶ月です。

    車を売却すると決めたのならば直ぐに印鑑証明書を取得しておくと、後々手続きが順調に運ぶことになります。

    何かしらの理由で所有する自動車を査定してもらいたい時には車検証だけあれば良いのですが、売るときには複数の書類を用意しなければなりません。

    普通自動車を売るのだったら車検証に加えて自賠責保険証や納税証明書やリサイクル券、ほかにも印鑑証明や実印が必要書類と言うことになります。

    もし必要書類のうちの一つである納税証明書をなくしてしまったときには、一般的な普通自動車と軽自動車の場合では再発行してくれるところは異なってきます。

    売却する車が普通自動車ならば都道府県の税事務所で、普通自動車以外の軽自動車は市役所などが受付窓口になるのです。