トップページ

    このサイトでは過走行車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「過走行車の買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    過走行車を高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1つの買取店のみとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は明らかに損をする(かなり安く買いたたかれます)ので考え直してください。

    このサイトでおすすめしている一括査定サービスを使えば数分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数社から買取査定の概算価格を比較することができます。利用料は完全無料で全国対応です。

    「この車は過走行車だから高く売れないんじゃないか…」と思っている場合は、一括査定サービスを賢く利用して1円で高く買い取ってもらいましょう。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと言うくらい有名なので安心感も抜群です。
    提携している業者も1000社を超えてダントツ№1!最大50社へ過走行車の買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「年間1万キロ以上走っている過走行車の買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額が分かるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐに年間1万キロを超えるペースで走っている過走行車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が送信されないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、過走行車で10万キロ近く走っていても高く売れる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに多くの会社から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    過走行車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車一括査定サービス。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「10万キロを超えている過走行車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    依頼申し込み後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている厳選された業者だけが登録しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで総走行距離10万キロを超えている過走行車でも高価買取が可能になります。

    最大で10社が過走行車の見積もりをしてくれるので、納得できる価格を提示してくれた会社に長年大切に乗ってきた車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる代表的な一括査定サイト。
    提携企業は約200社以上、最大で10社の業者が過走行車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで買取業者ごとの査定額を比べることができるので、複数業者に査定のお願いをして10万キロ近く走ってきた過走行車を1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サイト。
    過走行車の買取査定の依頼だけでも楽天5ポイント、成約(売却)するとさらに楽天1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    年間1万キロペースで走ってきた過走行車を高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのはありがたいですよね。提携企業は約100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、最大で10社の会社が過走行車の査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    中古車一括査定サイトなどを利用して知ることが可能な金額は、一つ一つ詳細に査定しているわけではなく、あくまで簡易的に導き出された査定金額です。

    同じ車種の同じようなグレードでもその車ごとにボディーの状態などは千差万別で当然ですから、一台一台の具体的な見積額というのはその車を目前でチェックしなければ算出できないのです。

    このような事情から、Webで確認した査定相場と同一の金額が絶対に実際の買取現場で提示されるのではありませんから、この点を事前に覚えておきましょう。

    ネット上で手持ちの車の無料一括査定をしたいけれど、名前などを書かずに査定を依頼したいという場合には匿名でも可能なサイトを使うという手があります。

    但し、無料査定までしか匿名では行えません。

    査定スタッフに車を見積もってもらう際や、売るときには、名前などの個人情報公開は必須となるのです。

    車の買取会社は古物営業法に則り、相手の名前などをしっかりと記録しておく義務があるからです。

    中古車買取業者の中には、軽自動車や事故車、輸入車など限定された車種の販売が得意だったり、若しくは専門的に販売している店舗が存在します。

    もし売却予定の車が軽だったら、やっぱり軽の販売専門の業者の方が高い金額で買い取ってもらえることでしょう。

    そういった会社は中古車の無料一括査定サイトを使った際にも、一般の買取会社よりも幾らか高値で取り引きしようとしてきますから、なんとなく分かります。

    中古車を売却する際にネットで一括見積りを依頼すると、登録している会社からどんどん電話がくるはずです。

    現物を確認しなければ見積額は決まらないから、訪問査定に来たいという内容ばかりです。

    時には電話を再三かけてくる迷惑な担当者もいるみたいですから、目に余る場合は別の会社と契約してしまったと答えるのがコツです。

    品物がないので諦めがつくのでしょう。

    あるいは電話でなくメール連絡のみという見積サイトを使うと、こうした事態は避けられます。

    売却予定の車を査定してもらう場合、車内に喫煙臭や動物(ペット)臭が残っているとどうしてもマイナス査定になってしまいます。

    自分では臭いと思わなくても、感覚が鈍化してしまっている状態で、他人に指摘されて初めて気づくことが多いです。

    不安であれば自分以外の人に車内のにおいをチェックしてもらうといいかもしれません。

    消臭剤や芳香剤を使用しても付着したにおいはとれませんので、拭き掃除を念入りに行い、付着したニオイ成分を除去するようにしましょう。

    これならいいだろうと思える査定金額に達し、実際に売却する手続きに入ると所有者は書類を複数用意しなければなりません。

    軽と普通車では印鑑の違いがあったり、個人情報に変更があれば必要書類も増えるので分からなければ担当者に聞いて間違えないようにしましょう。

    必ず必要になるのは車検証で、そのほかリサイクル券(預託済みの場合)、自賠責保険の保険証、自動車税納税証明書の用意は必須です。

    契約書に押す印鑑は、普通乗用車であれば実印ですから印鑑登録証明書も必須ですが、軽自動車は三文判でも大丈夫です。

    ただ、シャチハタは使用できません。

    自動車を買取専門店などに出す場合、査定項目の中にはタイヤの溝の残り具合もチェックするようになっているので、残りが少なくなっていたら査定金額からマイナスされます。

    しかし、売却する前に新品のタイヤに変更してもタイヤ購入のお金以上に加算されないので、新しくタイヤを変える必要性は皆無ですね。

    但し、ノーマルタイヤではなくてスタッドレスタイヤを付けている際には、実査定を受ける前にノーマルタイヤに戻した方が賢明です。

    スタッドレスタイヤは冬場や雪の多い地域にしか需要はないため、マイナス査定になることが多いのです。

    一律と言うわけではないのですが、課税対象に車の売却金が含まれるケースがあるのです。

    所有者が個人であって、通勤専用車であれば所得税の対象にはなりません。

    車の使用目的がレジャー等にまで広がってくると、今度は所得税を払わなければならない可能性が出てくるのです。

    その詳細は、売却金額が購入金額よりも50万円以上高くなったときに所得税を支払わなければいけません。

    個人事業主として業務で使っている車は売却時のルールが別にありますから、わからないときには確定申告をするときに申告署の作成時にきちんと税理士に確認しましょう。

    中古自動車を売ろうとする際に、車検の残り期間が沢山残った状態の場合には、見積もりの際に金額がアップすることが多いです。

    しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、車検の残り期間が数ヶ月となると見積金額アップは望めなくなります。

    しかし、中古車査定額を高くしたいがゆえに車検が終了した直後に車を手放す必要性は低いのです。

    車検の残り期間がたとえフルであったとしても、車検費用以上に査定金額を上乗せしてくれることはないからです。