トップページ

    このサイトでは過走行車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「過走行車の買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    過走行車を高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1つの買取店のみとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は明らかに損をする(かなり安く買いたたかれます)ので考え直してください。

    このサイトでおすすめしている一括査定サービスを使えば数分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数社から買取査定の概算価格を比較することができます。利用料は完全無料で全国対応です。

    「この車は過走行車だから高く売れないんじゃないか…」と思っている場合は、一括査定サービスを賢く利用して1円で高く買い取ってもらいましょう。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと言うくらい有名なので安心感も抜群です。
    提携している業者も1000社を超えてダントツ№1!最大50社へ過走行車の買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「年間1万キロ以上走っている過走行車の買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額が分かるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐに年間1万キロを超えるペースで走っている過走行車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が送信されないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、過走行車で10万キロ近く走っていても高く売れる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに多くの会社から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    過走行車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車一括査定サービス。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「10万キロを超えている過走行車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    依頼申し込み後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている厳選された業者だけが登録しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで総走行距離10万キロを超えている過走行車でも高価買取が可能になります。

    最大で10社が過走行車の見積もりをしてくれるので、納得できる価格を提示してくれた会社に長年大切に乗ってきた車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる代表的な一括査定サイト。
    提携企業は約200社以上、最大で10社の業者が過走行車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで買取業者ごとの査定額を比べることができるので、複数業者に査定のお願いをして10万キロ近く走ってきた過走行車を1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サイト。
    過走行車の買取査定の依頼だけでも楽天5ポイント、成約(売却)するとさらに楽天1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    年間1万キロペースで走ってきた過走行車を高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのはありがたいですよね。提携企業は約100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、最大で10社の会社が過走行車の査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    いつでも自由に簡単にインターネットを利用して査定したい車の現在価格を見積もってもらえるのが中古車一括査定サイトのメリットの一つですね。

    車種や連絡先などの情報を入力するとすぐに多くの買取業者からの見積もりがもらえて、売却予定車の今の価格相場が分かってしまうのです。

    名前などの個人情報を極力知られたくない方は、無記名で利用できるサイトもあるようです。

    インターネットの車の一括査定サイトを使うときの要注意項目として、査定してくれた時に最高額を表示してくれた店舗がそのまま最高だとはいいきれない点があります。

    幾つもの業者の査定額を比較したとき、極端に相場よりも高値の査定額を付けてくる会社が存在したら気を付けた方が良いでしょう。

    取り引きを実際にする際、契約を結んでしまった後でいろいろなことを理由にして買取金額が査定金額よりも随分低い値段になる可能性もあるのです。

    スマホ全盛の時代を反映して、大手の中古車販売店ではプロ用ではない一般者向けの車査定アプリケーションを売りに出していますが、プロ仕様の中古車査定支援アプリも存在します。

    まだ少ししか中古車の見積もりを出した経験がない人でも簡単に中古車の査定が可能になるアプリです。

    業務用の査定支援アプリと専用機器を一緒に使うと、今から査定するつもりの車の過去において修理したことがあったかどうかが分かる機能がついているケースが多いです。

    初めて車検を受けて国に登録した年を初度登録年といい、その年から経った年数で「何年落ちの車」などと言って古さを表します。

    その場合、製造年は無関係で、あくまでも初度登録年から数えますから、間違えないようにしましょう。

    年式の古い車は査定額が落ちるのが普通で、10年目からは過走行車ということで非常に低い価格になるのが普通です。

    売っても儲けは僅かでしょうが、もし購入する気持ちで考えてみると、10年落ちでも充分にメンテナンスされた車があれば、激安で高級車を手に入れることもできるわけです。

    買取業者による中古車の査定では、外観や走行キロ数などいくつかの項目で標準値を設定し、加点減点を行い評価額を割り出します。

    これは確実にマイナス評価になるだろうというポイントは、車体の外観の瑕疵(へこみ、中規模以上のキズ)でしょう。

    ただ、あまり気にして自分で直そうと思ってしまうと、逆に減点の度合いが大きくなってしまうケースも多いです。

    身内が修理工場で自分も腕に覚えがあるというのならともかく、そもそも使用機材からして及ばないのですから修理はしないほうが良いでしょう。

    なるべく高く売りたいなら複数の業者に競合見積もりさせるべきですが、そのためにはネット上にある中古車一括査定サイトの複数社見積りサービスを有効利用すべきです。

    以前はパソコンだけでしたが、今ではスマホ対応サイトも多いので、外出先で友達と相談しながら、あるいは自宅でのんびりしながらマイペースで査定依頼できます。

    必要事項を入力して査定結果が出てきたら、見積額の高い業者の幾つかと交渉に入ります。

    代車手配の有無もこの時に聞くと良いでしょう。

    しつこく営業電話を繰り返しかけてくる業者もないわけではないようですが、「もう契約済みです」と断ってしまうのが吉です。

    これから車を中古車として売るならやるべきことというと、二つほどあり、最初にしておきたいのは車の一括査定サイトなどを使った相場チェックです。

    市場価値を知らないと、実勢価格より安い値段で売却してしまうことだってゼロとは言い切れないからです。

    次に大事なのは、車をきれいにしておくことです。

    車の外側はいつも通りの洗車で充分ですから、車内の掃除を頑張りましょう。

    拭ける部分は拭きマット類は洗ってよく乾燥させましょう。

    臭いがあるとすかさず査定時に減点されてしまいます。

    自分以外、たとえば家族や親類名義の車であろうと、正式な手続きを経ることで売却が可能になります。

    普通の売買手続きで必要な書類に加え、所有者の印鑑証明書、所有者による委任状(実印押印)、そしてこれも実印の押印がある譲渡証明書の三点を提出しなければなりません。

    ただ、所有者が故人のときは、印鑑登録も無効になりますから単純にはいきません。

    ですから、売るためには名義人の移転登録をする必要があります。

    状況次第で要求される書類は異なりますが、故人所有の車の場合は時間も手間も余分にかかることは覚悟しなければなりません。

    何社にも査定を頼んだのにほとんどゼロ円査定のような状態になってしまったときは、多走行車や事故車など廃車寸前の車を主に扱う業者に声をかけてみるのもありです。

    他社で引取りを断られたような車であろうと、部品単位で値付けするので少なくともタダにはなりません。

    面倒だから廃車にしてしまおうと思うかもしれませんが、自ら解体業者に持ち込み陸運局で手続きするのに比べたら、専門業者にお任せにしてしまうほうがずっとラクです。

    そうした業者の取り柄というと、時間と手間のかかる廃車手続きを代わりにしてくれることと、基本的に車の引取りが無料ということが挙げられます。