トップページ

    このサイトでは過走行車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「過走行車の買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    過走行車を高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1つの買取店のみとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は明らかに損をする(かなり安く買いたたかれます)ので考え直してください。

    このサイトでおすすめしている一括査定サービスを使えば数分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数社から買取査定の概算価格を比較することができます。利用料は完全無料で全国対応です。

    「この車は過走行車だから高く売れないんじゃないか…」と思っている場合は、一括査定サービスを賢く利用して1円で高く買い取ってもらいましょう。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと言うくらい有名なので安心感も抜群です。
    提携している業者も1000社を超えてダントツ№1!最大50社へ過走行車の買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「年間1万キロ以上走っている過走行車の買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額が分かるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐに年間1万キロを超えるペースで走っている過走行車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が送信されないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、過走行車で10万キロ近く走っていても高く売れる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに多くの会社から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    過走行車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車一括査定サービス。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「10万キロを超えている過走行車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    依頼申し込み後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている厳選された業者だけが登録しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで総走行距離10万キロを超えている過走行車でも高価買取が可能になります。

    最大で10社が過走行車の見積もりをしてくれるので、納得できる価格を提示してくれた会社に長年大切に乗ってきた車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる代表的な一括査定サイト。
    提携企業は約200社以上、最大で10社の業者が過走行車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで買取業者ごとの査定額を比べることができるので、複数業者に査定のお願いをして10万キロ近く走ってきた過走行車を1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サイト。
    過走行車の買取査定の依頼だけでも楽天5ポイント、成約(売却)するとさらに楽天1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    年間1万キロペースで走ってきた過走行車を高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのはありがたいですよね。提携企業は約100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、最大で10社の会社が過走行車の査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    中古車買取業者に査定をお願いするときに必要になってくる書類には、車検証及び自賠責保険証明書だけであるため、たぶん誰でもすぐ用意可能で、特段、事前に何らかの準備をする必要性はないでしょう。

    実際の車売却時には名義変更手続きが伴うため、その上、自動車税納税証明書、および印鑑証明書などの何枚かの証書が必要になるでしょう。

    新たに転居したり結婚したことで車検証や印鑑証明書などの姓や住所が表記と異なる際には新しい住所や姓に直すための書類が追加で必要になってくるので、身辺の移動があったときには売却に関しての必要書類を早めに確認しておくと良いでしょう。

    中古車の査定額を幾らかでもアップさせるポイントは、実際に査定に出す前に思いっきりクリーニングしておくと良いでしょう。

    以前修理してもらった箇所や事故歴は消せませんし、隠そうとしてもすぐにバレてしまいます。

    しかし、車についた汚れや臭いなどに関してはいくらかは自分でメンテナンスする事で落としたり消したり出来るでしょう。

    とりわけ、車の中で煙草を吸う習慣があった人は、煙草の臭いがあると査定額が低くなることもあるので注意が必要です。

    中古車を査定してもらう時には、車体の色も大きく関係してきます。

    黒や白の定番カラーは常時需要が安定しているために、査定アップの要因になる場合が多いのです。

    定番色とは逆の原色に近い赤などのボディーカラーは、好き嫌いがありますので、査定時にマイナスされる傾向が出てきます。

    原色系は嫌われやすいと言っても、車の見積金額は中古車オークションの相場のタイミングによりアップダウンするため、流行次第である特定の車体色が査定相場を引き上げることも考えられるのです。

    売却予定の車を査定してもらう場合、車内に喫煙臭や動物(ペット)臭が残っていると減点は免れません。

    さほど臭わないと思っていても感覚が鈍化してしまっている状態で、他人に指摘されて初めて気づくことが多いです。

    業者に査定を依頼する前に、第三者に車内のにおいをチェックしてもらうと万全です。

    この場合、カーコロンや消臭剤をいくら使おうと時間をかけて付着した有機系の汚れがニオイの発生源ですから、内装を徹底的に拭き掃除すると良いでしょう。

    中古車買取業者のほとんどは夜でも実車査定に応じてくれるものです。

    明るい昼間より夜間の査定のほうが車体のキズが見えにくいので、高めの査定結果になりやすいといった噂もありますが、屋外照明が蛍光灯や豆球の懐中電灯だった頃ならともかく、いまとなっては昔話です。

    平日の査定となると夜間の指定は珍しくありませんが、なるほど夜間は光源が乏しく、天気の悪い日には見にくいというのは事実ですから、担当者の不注意を誘発しやすいでしょうが、実際のところはそう甘くないかもしれません。

    また晴天は不利かというとそうでもなく、状態が良い車を洗車すると晴天ではさらに綺麗に見えるものですし、気象条件で査定が変わるような業者では逆に困るのではないでしょうか。

    国内メーカーの自動車に比べると国外メーカーの車は、業者による買い取りの際は値段が安くなりがちです。

    外国車としては名の売れた車でも、日本全体の車の量で考えると国産車より圧倒的に少ないため、実績値のメタデータも少なく、あまり高額で買い取っても業者の利益が確保しにくいのです。

    ではどうやって売却すれば良いのかというと、数多くの買取業者から見積りをとって比較することです。

    車買取では保険などと同じように一括見積りサイトの利用が便利です。

    これならわずかな手間で一気に多数の見積りを入手できます。

    車に関する税金の話をしましょう。

    自動車税というものは、所有車に1年分の請求が来て、その認定日は毎年4月1日と定められています。

    しかしながら、車を手放すときには、残っている月数分の税金相当額が見積もりにプラスされるので、必要以上に税金を払ってしまう心配はないのです。

    ただ、自動車重量税については同様ではなく、廃車にするケースを除いては返却される制度はないのです。

    しかし、還付される決まりはなくても、支払い月数分の残りをプラス査定してくれるケースもあるのです。

    買取業者との交渉次第でなんとかなるかも知れませんね。

    自分ではきちんと注意していたとしても、予測しないトラブルに遭遇してしまうことがあるのです。

    自動車を売却する際にたまに遭遇する案件として、既に契約が成立してから、問題が見つかったからと言われて買取額を下げる時があるので要注意です。

    このような場合に、もし自分側が事故や故障などの履歴を隠していたケースならば責任があるのは自分側です。

    そのようなことがないケースでは、見積もり時に見落とした方が悪いので、売り手側に責任がないのですから承服しなくても良いのです。

    中古車買取会社から営業電話がたくさんかかってきて辛い思いをするかも知れませんが、沢山の会社で査定してもらうことはちょっとでも高く車を売りたいのならばやるべきです。

    査定額の相場がわからないとそもそも価格交渉もできませんし、査定金額の相場が分かるためには幾つかの買取業者に査定してもらうのが一番ですから。

    「即決すれば高く買い取りできます」などの営業トークに半分騙されて即決してしまうのはいささか早急です。

    何はともあれ焦らないことが、高く売却する秘訣のひとつと言えるのです。