トップページ

    このサイトでは過走行車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「過走行車の買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    過走行車を高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1つの買取店のみとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は明らかに損をする(かなり安く買いたたかれます)ので考え直してください。

    このサイトでおすすめしている一括査定サービスを使えば数分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数社から買取査定の概算価格を比較することができます。利用料は完全無料で全国対応です。

    「この車は過走行車だから高く売れないんじゃないか…」と思っている場合は、一括査定サービスを賢く利用して1円で高く買い取ってもらいましょう。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと言うくらい有名なので安心感も抜群です。
    提携している業者も1000社を超えてダントツ№1!最大50社へ過走行車の買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「年間1万キロ以上走っている過走行車の買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額が分かるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐに年間1万キロを超えるペースで走っている過走行車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が送信されないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、過走行車で10万キロ近く走っていても高く売れる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに多くの会社から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    過走行車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車一括査定サービス。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「10万キロを超えている過走行車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    依頼申し込み後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている厳選された業者だけが登録しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで総走行距離10万キロを超えている過走行車でも高価買取が可能になります。

    最大で10社が過走行車の見積もりをしてくれるので、納得できる価格を提示してくれた会社に長年大切に乗ってきた車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる代表的な一括査定サイト。
    提携企業は約200社以上、最大で10社の業者が過走行車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで買取業者ごとの査定額を比べることができるので、複数業者に査定のお願いをして10万キロ近く走ってきた過走行車を1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サイト。
    過走行車の買取査定の依頼だけでも楽天5ポイント、成約(売却)するとさらに楽天1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    年間1万キロペースで走ってきた過走行車を高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのはありがたいですよね。提携企業は約100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、最大で10社の会社が過走行車の査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    車の買取を専門にする業者の中には特徴があって、輸入車専門だったり、事故車や軽自動車を扱うなど、特定ジャンルの車の販売を得意としていたり、または専門的に扱っている買取業者があるのです。

    たとえば買取希望の車種が軽自動車の場合、当然かもしれませんが、軽自動車の販売を得意とする会社に買い取ってもらった方が高く引き取ってもらえる可能性が出てきますよね。

    ある特定のジャンルに秀でた業者はネット上の無料一括査定サイトを使ったときに、一般的な会社よりも少々高値を提示してくるため、判別することができるでしょう。

    ネット上に沢山ある中古車一括査定サイトを使うと、自分が売ろうとしている車の見積もりの相場が瞬時に分かりますから、やって損はありません。

    携帯やスマホから申し込むことができますから、電車やバスの移動中など少しのスキマ時間でも充分に利用できます。

    しかし、注意しなければいけない点は、査定を依頼した複数の会社から一度にたくさん電話連絡が来るようになるので、一気に電話で連絡されるのが嫌だったら、連絡手段がメールのところを探して利用するようにしてください。

    中古車市場に限定されたことではないのですが、中古商品の査定相場は毎日アップダウンします。

    例を挙げると、オープンカーは夏期限定になりやすいなど、どのような車を売却するかによって、高値で売れる時期、または地域性などがほぼ決まってしまう事もあり得るということです。

    しかしながら、どのような車の種類にも同様のことが言えるのですが、おおむね初年度の登録からの日にちが過ぎていない方が相場は高くなります。

    車を手放そうと考えたら数日でも早いほうが断然高く引き取ってもらえることの方が多くなるでしょう。

    業者は年式や色といった机上データのほか、独自のポイントシステムで対象車の市場価値を計算するのが常です。

    未修理のこの項目はマイナス3点、走行キロ数はプラス2点といった感じでひとつひとつ念入りに見ていくので、見落としというのはまずありません。

    中古車市場でも人気不人気車種は存在しますが、ほかに具体的な見所といえば、確実なのは修理歴と、現状未修理のヘコミやキズ、改造パーツの有無、走行距離などです。

    熟練の営業マンが逐一チェックしますから、過去の修理歴について忘れたと言ったり、知らないふりをしても、うまくいくはずがありません。

    それよりは誠実に価格交渉する方がトクです。

    少しでも高い見積り額を訪問査定に来た中古車業者から出してもらうにはある種のコツが不可欠です。

    ただヨロシクお願いしますではいけません。

    提示金額次第ではここで契約してもいいという気持ちがあることを相手に理解させるのです。

    買取対象車を引き取る日時を決めてしまえば営業マンも今後の販売プロセスがほぼ本決まりとなるため、買取金額アップを持ちかけても成功する確率が高まります。

    自治体の消費生活相談窓口や国民生活センターにはいつも大量の中古車取引の不安、疑問、トラブルといった諸問題の相談がきます。

    最近では買取に伴う相談電話が右肩上がりに増えています。

    相談例の一部としては、ウェブの一括査定サービスに登録したところ、信じられないほどの電話が集中して迷惑している、契約するまで帰らないと言われ、押しきられる形で不本意な契約をしたといったものです。

    悪質な業者に当たったときなどは、冷静な第三者に相談する事がまず第一です。

    売却予定の車の現物査定は、直接その車に乗って買取店に行って見てもらうか、業者にこちらに来てもらうかの二つの選択肢があります。

    自宅に業者が来ても構わないのであれば、業者に出張査定してもらったほうが結果的に高値になりやすいという点でメリットが大きいです。

    この出張査定をうまく利用すると、多数の業者に同時に査定させることができます。

    つまり同業他社と査定額を争うことになり、売却価格がアップするわけです。

    自動車というものは頻繁に乗らなくても維持費は一様にかかってくるものです。

    自宅近辺に使える公共の交通機関が充実しているなどの理由で、自家用車がなくてもあまり不便に感じないなら車を売ってしまうことで家計簿的に大きく削減可能です。

    自動車を維持するための費用の内訳を見てみると、車検や定期検査の料金、自動車税や自動車保険代金、別に借りている場合には駐車場代などがあります。

    以上の合計を鑑みると、およそ年間数十万円にもなる場合だって珍しくありませんからビックリですよね。

    大きな契約の時には特に、充分な注意力を払っているでしょうがそれでもなお、予期せぬいざこざに巻き込まれてしまう場合があるでしょう。

    車を売るときにたまに見かけるケースとしては、売却成立後に何か問題点が見つかったので買取金額から差し引く場合があります。

    契約後に問題が見つかったと言われたとき、売り手側が事故などを隠していたのならばきちんと申告しなかった自分側が責任を取る必要があるでしょう。

    しかし、自分が何も悪くないときには、事前に査定で見落としをしてしまった方が責任を取る必要があるので、後から何か言われても了承する必要はないのです。