トップページ

    このサイトでは過走行車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「過走行車の買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    過走行車を高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1つの買取店のみとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は明らかに損をする(かなり安く買いたたかれます)ので考え直してください。

    このサイトでおすすめしている一括査定サービスを使えば数分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数社から買取査定の概算価格を比較することができます。利用料は完全無料で全国対応です。

    「この車は過走行車だから高く売れないんじゃないか…」と思っている場合は、一括査定サービスを賢く利用して1円で高く買い取ってもらいましょう。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと言うくらい有名なので安心感も抜群です。
    提携している業者も1000社を超えてダントツ№1!最大50社へ過走行車の買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「年間1万キロ以上走っている過走行車の買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額が分かるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐに年間1万キロを超えるペースで走っている過走行車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が送信されないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、過走行車で10万キロ近く走っていても高く売れる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに多くの会社から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    過走行車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車一括査定サービス。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「10万キロを超えている過走行車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    依頼申し込み後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている厳選された業者だけが登録しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで総走行距離10万キロを超えている過走行車でも高価買取が可能になります。

    最大で10社が過走行車の見積もりをしてくれるので、納得できる価格を提示してくれた会社に長年大切に乗ってきた車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる代表的な一括査定サイト。
    提携企業は約200社以上、最大で10社の業者が過走行車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで買取業者ごとの査定額を比べることができるので、複数業者に査定のお願いをして10万キロ近く走ってきた過走行車を1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サイト。
    過走行車の買取査定の依頼だけでも楽天5ポイント、成約(売却)するとさらに楽天1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    年間1万キロペースで走ってきた過走行車を高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのはありがたいですよね。提携企業は約100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、最大で10社の会社が過走行車の査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    車の買取業者にはそれぞれ特色があり、事故車や輸入車や軽自動車など、限定された種類の車の販売を得意とする、または専門的に扱っている買取業者があるのです。

    たとえばの話、自分が乗っている売却希望車が軽だったら、当然かもしれませんが、軽自動車の販売を得意とする会社に買い取ってもらった方が高い金額で買い取ってもらえることでしょう。

    特定ジャンルに長けた業者は一括査定サイトを利用した場合に、一般の買取会社よりも幾らか高値で取り引きしようとしてきますから、判別することができるでしょう。

    都合で買取店に行く暇が取れない人でも、中古車の見積もり可能なWEBサイトは無数に存在しているものです。

    もちろん、大まかな金額でなくて、詳細な査定金額は店舗の担当者が実際に査定して確認しないと算定不可能でしょうが、一瞬で多数の店舗の査定を受けることができるため、おおよその今の段階での査定相場を知る上で大変有用ですね。

    さらには、相場の価格から大きく離れた値段を算出した買取店舗を候補から外して、それ以外の業者と取り引きしようと考えることも出来ますね。

    車を買い取ってもらう際に起きる恐れのあるトラブルはいくつかあるでしょうが、それらの中には非常に悪質と言えるケースも存在するのです。

    一例を挙げると、業者が見積もりを出して車を引き取った後から、更にチェックしたところ不備が出てきたなどとかなり売却額を引き下げられることもあるのです。

    それよりも酷いケースになると、手元から車だけなくなって、料金が入らない場合だって存在するのです。

    このような事案に自分が遭遇してしまったら、すぐに最寄りの自治体などの消費者生活センターなどに相談に行かれることをお勧めします。

    スリップサインが見え始めたような使い込まれたタイヤでも、新しいタイヤに交換してまで査定に臨む必要はないでしょう。

    いかなるタイヤであれ消耗品であることに違いはありませんし、買い取ったあとに販売店のほうで今の流行に合ったタイヤにつけなおして売るのが普通だからです。

    つまり本体に比べタイヤ劣化による査定の減額はたいしたものではありません。

    所有者の方でタイヤ交換をしたところで、逆に損するケースがほとんどです。

    中古車買取業者に少しでも高い値段で買ってほしいのであれば、一社だけでなく複数の買取業者に査定を出してもらうのがお約束です。

    しかしながらわざわざ休日に骨折りしてまで何件もの業者を回れるかというと、不可能ではないものの疲れてしまうでしょう。

    そのような状況を回避するには、中古車一括査定サイトを利用するのが一番です。

    最初に車の情報などを登録すれば所要時間5分で数十社から見積りをとることも可能で、時間も短くて済みますし、何度も同じ作業を繰り返すストレスもありません。

    唯一の欠点は複数の会社から電話が来ることです。

    チェックを入れた会社から先を争って電話連絡が来ますから、心してかかる必要があります。

    専門家である買取業者からすると、個人がいくら隠そうと努力してみても査定対象となる車の修理歴や事故歴はわかってしまいます。

    修理歴等を偽って深刻する行為は業者を騙すのと同じことで、契約前ならその後の話もナシになってしまうかもしれません。

    それに事故歴や修復歴を偽るのは不動産屋が事故物件を偽るのと同様、告知義務違反という扱いになり、バレたときには減額されたり、返金を求められます。

    実際、契約書の中にも虚偽申告に関連した記載がかならずあるものです。

    中古車の査定をするときに必要になってくるのは車検証のみですが、現実にその車を売却する際には何点か書類を用意することになります。

    一般的な普通自動車の売却に際しては車検証以外に実印および印鑑証明書、自賠責保険証やリサイクル券、納税証明書が必要書類と言うことになります。

    仮に納税証明書をなくしてしまった場合には、普通自動車と軽自動車では再発行をお願いするところは違うことを覚えておきましょう。

    普通自動車に関しては県などの税事務所で再発行してくれますし、軽自動車の場合には市役所などがその窓口になります。

    自動車に掛かる税金の話をすると、毎年4月1日の時点でその車を所有している人に1年分が請求されます。

    しかし、車売却の時には、残っている月数分の税金額が査定に加算されるようになっているので、必要以上に税金を払ってしまう心配はないのです。

    自動車税は戻って来ますが、自動車重量税は廃車にする場合を除いて手元に残りの月数分が還付されるような制度はないのです。

    そうは言っても、税金の支払い月数が残っている分だけ上乗せして見積もってくれる場合もなきにしもあらずです。

    買取業者との交渉次第でなんとかなるかも知れませんね。

    もう完璧に動かすことができなくなった不動車でも、最初から売ろうとしないのは間違っています。

    動かなくなっていても価値があるケースもあるからです。

    自動車の各部分ごとで見れば故障しておらずまだ使える部品もあるでしょうし、部品部品に対して価格をつけ見積もりをして不動車を買い取ってくれる店舗はちゃんとあるのです。

    通常の店舗では不動車買取ができない可能性も高いので、事前調査して不動車を査定してくれる業者に依頼して見積もりを出してもらうと良いでしょう。