トップページ

    このサイトでは過走行車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「過走行車の買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    過走行車を高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1つの買取店のみとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は明らかに損をする(かなり安く買いたたかれます)ので考え直してください。

    このサイトでおすすめしている一括査定サービスを使えば数分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数社から買取査定の概算価格を比較することができます。利用料は完全無料で全国対応です。

    「この車は過走行車だから高く売れないんじゃないか…」と思っている場合は、一括査定サービスを賢く利用して1円で高く買い取ってもらいましょう。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと言うくらい有名なので安心感も抜群です。
    提携している業者も1000社を超えてダントツ№1!最大50社へ過走行車の買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「年間1万キロ以上走っている過走行車の買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額が分かるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐに年間1万キロを超えるペースで走っている過走行車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が送信されないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、過走行車で10万キロ近く走っていても高く売れる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに多くの会社から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    過走行車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車一括査定サービス。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「10万キロを超えている過走行車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    依頼申し込み後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている厳選された業者だけが登録しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで総走行距離10万キロを超えている過走行車でも高価買取が可能になります。

    最大で10社が過走行車の見積もりをしてくれるので、納得できる価格を提示してくれた会社に長年大切に乗ってきた車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる代表的な一括査定サイト。
    提携企業は約200社以上、最大で10社の業者が過走行車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで買取業者ごとの査定額を比べることができるので、複数業者に査定のお願いをして10万キロ近く走ってきた過走行車を1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サイト。
    過走行車の買取査定の依頼だけでも楽天5ポイント、成約(売却)するとさらに楽天1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    年間1万キロペースで走ってきた過走行車を高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのはありがたいですよね。提携企業は約100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、最大で10社の会社が過走行車の査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    査定のために自分の足で買取業者まで行く時間がないときなどは、たいていの買取業者で、自宅などに来てくれる出張査定が可能です。

    中古自動車査定士が車のあるところまで来て現物を見ながら査定して、見積もり結果を出してくれるのです。

    出張査定は一気に沢山の会社に来てもらうこともできます。

    同時にたくさんのスタッフに依頼すれば時間の節約にもなるでしょうし、同時に呼ばれた査定士間で査定金額の価格競争が起こるので結局のところ査定額が高くなる事が多いと言えるでしょう。

    ほとんどの場合、大企業の中古車買取店舗では、さまざまなキャンペーンを常に展開しています。

    景品などの恩恵は中古車売買時にプレゼントされるのが普通でしょうが、キャンペーンの中には無料査定をするだけで対象になるケースもあるのですよ。

    詳細は、ある決まったホームページから無料の中古車査定を実施すると幾らかのポイントが受け取れるなどです。

    見積もりするだけでポイントをもらって、後はそのままでも構いませんので、無料査定するだけでプレゼントが貰えるキャンペーンがあったらぜひトライしてみましょう。

    大方の業者には当てはまらないことですが、ごく一部に見られることですが、中には極悪な買取業者もあるのです。

    その手口の一例を挙げると、見積もり査定を依頼する際に、「見積もりした後にその車を持ち帰っても良ければ査定額をアップさせることが可能ですよ」などと言われ、即時にその車を明け渡すように勧められて、車を引き取ったが最後、お金は払わずに、その後一切連絡が途絶えてしまうという詐欺があるのです。

    通常行われる手続きをせずに何となくせわしく車を引き取ってしまおうとする業者に遭遇したら詐欺を疑った方が良いですね。

    中古車買取り業者による査定の際はぜったい所有者が臨席しなければならないなどという決まりなどはありませんが、当事者の一方がいないことで発生するトラブルを未然に防ぐためにも、可能なかぎり査定時は本人不在の状況を作らないようにしましょう。

    トラブルの例としては、人が見ていないのを幸いとばかりにもともと何でもない部分に傷をつけたりして本来の額より低い値段で買い取ろうとするケースも報告されています。

    たとえ車そのものは綺麗でも走行距離が10万キロを超えるとなると、よく過走行車と言われ、中古車買取業者に査定に来てもらってもほとんどタダみたいな値段になってしまうことが多いです。

    車は命を預ける乗り物ですから、安全性を考慮して過走行車や事故車は敬遠されるのが普通です。

    こうした車は普通の中古車と同じ売り方をせず、専業で事故車や過走行車などの買取売却を手がけている販売店などに相談するなどの工夫が必要です。

    買取り先を探すのが面倒なら下取りにすれば手間も要りませんし、ディーラー側はそこは商売のしどころですから、買取りよりは高値をつけてくれるかもしれません。

    中古車業者に車を売る際は、トラブル防止のために必ずしておくことといえば、当然のことながら、あらかじめ契約書をよく読んでおくことです。

    契約書というのはあとになって「よく読んでいなかった」と言っても、各自が署名捺印すれば「納得したもの」と見なされ、効力が生じます。

    営業マンの口約束と契約書の内容に差異はないか、特に金額やそれに関する諸条件は注意しなければいけないのは言うまでもありません。

    細かいところまで読んでから契約するのが本来あるべき姿なのです。

    これから車を中古車として売るならやるべきことというと、二つほどあり、最初にしておきたいのは車の一括査定サイトなどを使った相場チェックです。

    市場価値を知らないと、実勢価格より安い値段で売却してしまうことだってゼロとは言い切れないからです。

    次に大事なのは、車をきれいにしておくことです。

    車の外側はいつも通りの洗車で充分ですから、車内の掃除を頑張りましょう。

    拭ける部分は拭きマット類は洗ってよく乾燥させましょう。

    臭いがあるとすかさず査定時に減点されてしまいます。

    自分以外、たとえば家族や親類名義の車であろうと、正式な手続きを経ることで売却が可能になります。

    普通の売買手続きで必要な書類に加え、所有者の印鑑証明書、所有者による委任状(実印押印)、そしてこれも実印の押印がある譲渡証明書の三点を提出しなければなりません。

    ただ、所有者が故人のときは、印鑑登録も無効になりますから単純にはいきません。

    ですから、売るためには名義人の移転登録をする必要があります。

    状況次第で要求される書類は異なりますが、故人所有の車の場合は時間も手間も余分にかかることは覚悟しなければなりません。

    何社にも査定を頼んだのにほとんどゼロ円査定のような状態になってしまったときは、多走行車や事故車など廃車寸前の車を主に扱う業者に声をかけてみるのもありです。

    他社で引取りを断られたような車であろうと、部品単位で値付けするので少なくともタダにはなりません。

    面倒だから廃車にしてしまおうと思うかもしれませんが、自ら解体業者に持ち込み陸運局で手続きするのに比べたら、専門業者にお任せにしてしまうほうがずっとラクです。

    そうした業者の取り柄というと、時間と手間のかかる廃車手続きを代わりにしてくれることと、基本的に車の引取りが無料ということが挙げられます。