トップページ

    このサイトでは過走行車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「過走行車の買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    過走行車を高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1つの買取店のみとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は明らかに損をする(かなり安く買いたたかれます)ので考え直してください。

    このサイトでおすすめしている一括査定サービスを使えば数分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数社から買取査定の概算価格を比較することができます。利用料は完全無料で全国対応です。

    「この車は過走行車だから高く売れないんじゃないか…」と思っている場合は、一括査定サービスを賢く利用して1円で高く買い取ってもらいましょう。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと言うくらい有名なので安心感も抜群です。
    提携している業者も1000社を超えてダントツ№1!最大50社へ過走行車の買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「年間1万キロ以上走っている過走行車の買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額が分かるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐに年間1万キロを超えるペースで走っている過走行車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が送信されないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、過走行車で10万キロ近く走っていても高く売れる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに多くの会社から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    過走行車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車一括査定サービス。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「10万キロを超えている過走行車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    依頼申し込み後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている厳選された業者だけが登録しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで総走行距離10万キロを超えている過走行車でも高価買取が可能になります。

    最大で10社が過走行車の見積もりをしてくれるので、納得できる価格を提示してくれた会社に長年大切に乗ってきた車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる代表的な一括査定サイト。
    提携企業は約200社以上、最大で10社の業者が過走行車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで買取業者ごとの査定額を比べることができるので、複数業者に査定のお願いをして10万キロ近く走ってきた過走行車を1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サイト。
    過走行車の買取査定の依頼だけでも楽天5ポイント、成約(売却)するとさらに楽天1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    年間1万キロペースで走ってきた過走行車を高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのはありがたいですよね。提携企業は約100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、最大で10社の会社が過走行車の査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    買取業者との間で車の売却の時に発生するかもしれないトラブルにはいくつかあるでしょうが、その中にはとても悪質なものも存在します。

    一例を挙げると、業者が見積もりを出して車を引き取った後から、再度チェックしたら問題が出てきたと実際の買取金額をグッと低下させられる場合も少なからずあります。

    それよりも酷いケースになると、自分の車だけ取られてお金が入ってこないケースも実際にあるのです。

    詐欺まがいのケースに遭遇したときには、泣き寝入りせずに直ちに消費者生活センターなどに行ってください。

    持っている車を売ろうと決心したときには、一番最初にすることは、その車が今大体どの程度の資産価値があるかを知ることです。

    相場が判明していれば買いたたかれてしまう可能性をグッと低下させることができますし、相場の金額よりも高値を付けてくれた店舗に直ぐにそこで契約まで進んでも構わないでしょう。

    オンラインで沢山の業者に中古車一括査定を申し込めるところがあるので、これらのサイトから相場金額を把握することは容易いでしょう。

    一社や二社ではなくて複数の中古車買取店舗に査定をお願いした上で実際の売却先を決定するのが、できるだけ高値で車を売る秘訣と言えますね。

    複数の業者に同時刻に見積もりに来てもらうよう手配して、価格競争をさせるというのも有利にはたらく方法です。

    いけないことのように感じる方もいるでしょうが、割と良くある事柄ですから、査定スタッフに気兼ねする必要などないのです。

    話は変わって、契約の時には契約書の内容はしっかりと全文確認することが重要になってきます。

    大掃除とばかりに徹底的に車内をきれいにしたり、査定前に洗車していようと、見積額がプラスになることはありません。

    持ち主が行う程度の清掃であれば、業者だってできてしまうわけですから、当然です。

    といっても、利点がないわけではありません。

    掃除の行き届いた状態で査定に出せば、大事に乗っていたのだろうと思われますし、チェック項目に沿った査定とはいえ評価を入力するのは人ですし、査定額に与える心証効果というのは無視できません。

    中古車の査定士は訪問査定時に決まった項目に従い、中古車の価値を算定します。

    その項目が基準点からどれだけ良いか悪いかを見た上で、主観の入りにくい公平な価格が導き出されるのです。

    中古車市場でも人気不人気車種は存在しますが、ほかに具体的な見所といえば、事故歴、修理歴、傷、故障、車の走行キロ数といったところです。

    場慣れした担当者が訪問するので、修理歴を隠蔽したところで隠しおおせるとは思わない方がいいです。

    中古車屋の査定というのは、見落としのないよう細分化されたリストがあり、それぞれの標準からマイナス1、プラス2などと採点して総合的な査定額を算出します。

    中でも減点対象としてはずせないのはヘコミやある程度目立つ傷が車体に見られる場合です。

    そういった傷をプロに頼むのではなく自分でなんとかしようとすると、却って減点が大きくなる状況にもなり得ます。

    プロ並みの機材と労力があれば構わないですが、一般の方の場合はキズがあるままで売ったほうが出費も少なくて済みます。

    実際に自動車を手放そうと考えたときに、ディーラーに下取りに出した方が良いのか中古車買取会社に売った方が良いのかは、一番優先するのが何かによってお勧めするものが変化するのです。

    何はともあれ手続きが簡単な方が良いのであれば、楽な方はディーラーです。

    車を売ることと買うことの両方が一緒にできるので、楽チンですよね。

    それに対して、ちょっとでも高く車を買い取ってもらいたいという希望があるならば買取業者に出す方が良いでしょう。

    一社で納得せずに、多くの買取業者に査定を依頼する事で、見積金額を引き上げることも可能になるでしょう。

    特別自分と仲の良い友達に愛車を売ろうとするときには、曖昧になりやすいのが車の支払いに関することなどです。

    車売却はそもそも大きな金額が動く行為です。

    たとえどんなに親しくしている友人だったとしても、いつまでに名義変更をしてもらうかや、車をいくらで売るか、お金をいつまでにどのように支払ってもらうかなど、重要項目についてはきちんと書面にしたためるべきです。

    念書に残すのを嫌がる相手では、いくら親しい友人でも後からトラブルが起きる可能性が高いので、なるべくなら売買するのを止めた方が良いでしょう。

    自動車というものは頻繁に乗らなくても維持費は一様にかかってくるものです。

    自宅周囲に現実的に利用可能な交通機関が発達している等で、自家用車がなくてもあまり不便に感じないなら手放すことで家計はかなり節約できるでしょう。

    維持費の内訳を見てみると、毎年負担をしなければいけない自動車税や保険料、二年に一度支払う車検代、自宅以外に駐車場を借りているならばその代金も支払う必要があります。

    全ての合計を見ると、1年間で数十万円もかかってしまう場合も見られるのです。