トップページ

    このサイトでは過走行車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「過走行車の買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    過走行車を高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1つの買取店のみとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は明らかに損をする(かなり安く買いたたかれます)ので考え直してください。

    このサイトでおすすめしている一括査定サービスを使えば数分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数社から買取査定の概算価格を比較することができます。利用料は完全無料で全国対応です。

    「この車は過走行車だから高く売れないんじゃないか…」と思っている場合は、一括査定サービスを賢く利用して1円で高く買い取ってもらいましょう。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと言うくらい有名なので安心感も抜群です。
    提携している業者も1000社を超えてダントツ№1!最大50社へ過走行車の買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「年間1万キロ以上走っている過走行車の買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額が分かるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐに年間1万キロを超えるペースで走っている過走行車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が送信されないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、過走行車で10万キロ近く走っていても高く売れる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに多くの会社から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    過走行車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車一括査定サービス。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「10万キロを超えている過走行車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    依頼申し込み後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている厳選された業者だけが登録しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで総走行距離10万キロを超えている過走行車でも高価買取が可能になります。

    最大で10社が過走行車の見積もりをしてくれるので、納得できる価格を提示してくれた会社に長年大切に乗ってきた車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる代表的な一括査定サイト。
    提携企業は約200社以上、最大で10社の業者が過走行車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで買取業者ごとの査定額を比べることができるので、複数業者に査定のお願いをして10万キロ近く走ってきた過走行車を1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サイト。
    過走行車の買取査定の依頼だけでも楽天5ポイント、成約(売却)するとさらに楽天1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    年間1万キロペースで走ってきた過走行車を高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのはありがたいですよね。提携企業は約100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、最大で10社の会社が過走行車の査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    買取業者から提示された査定金額に納得できなかったとき、売却を断っても構いません。

    多くの業者に見積もってもらってできるだけ高価に売却できる業者を選択して売る方が良いに決まっています。

    反対に、売買契約書を締結した後からのキャンセルはできないか、受け付けられても損害賠償がある場合が多いと思ってください。

    損害賠償については契約書に詳細が明記されているはずですから、きちんと契約書を読んでからサインすることが重要になってきますね。

    有名かもしれませんが、オンラインで買取希望の中古車の見積もりを同時に何社にもまとめて査定してもらえる、中古車の一括査定サイトが山のようにあるのですよ。

    一括査定サイトを通したら絶対にその車を売却しなければならない訳ではなく、自分の足を使って複数の会社に査定してもらいに行く手間が省けるのです。

    しかしながら、査定してもらったお店の中には勧誘の電話が幾度となくかかってくる場合もあるでしょうから、自宅などに電話されるのが面倒な人は、買取業者とメールで連絡可能なサイトを選ぶとこのような事は回避可能です。

    売却予定の中古車を査定するときには、カーナビゲーションシステムなどのオプションがついていると査定金額が高くなることが多いでしょう。

    但し、古い車種でなければカーナビシステム非搭載の方がめずらしいので、比較的新型のカーナビでないと大幅な査定金額のアップは望めないでしょう。

    それから、カーナビ標準装備が当たり前の現代、もしも、カーナビがない場合には査定金額からマイナスされるケースもあるのです。

    できる限り高値で車を売る方法といえば、複数の業者から見積もりを取るのが有効です。

    けれども貴重な休日をつぶしてまで何件もの業者を回れるかというと、不可能ではないものの疲れてしまうでしょう。

    中古車の一括査定サイトなどを利用すれば、そうした事態は避けることが出来ます。

    買取業者の公式サイトからだとその会社しか申し込めませんが、一括サイトなら一度に複数の会社に見積もり依頼できるので、同じ作業を人力でやることを考えると雲泥の差です。

    あえて短所を挙げると、見積りをとった会社全部から先を争って電話連絡が来ますから、覚悟は必要かもしれません。

    トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、1万キロ前後と想定されています。

    年式を問わず走行距離数が5万を超えた車は多走行車と言われて買取査定の際にはしっかり減点されます。

    また、いわゆる過走行車(総走行距離10万km以上)までいってしまうとタダ同然の査定になり、場合によっては引き取りを拒否されることもあります。

    その一方で、走行距離が短い車というのも問題です。

    総走行キロ数が車の年式の割に少なすぎる時には、外観からは見て取れない部分の状態が非常に悪くなっている可能性も高く、引き取り拒否ともとれる見積り額を提示されることもあります。

    車の査定を夜間や雨の日にしてもらうと金額的に有利だという意見は根強いようです。

    光源が少なくはっきり車を見ることができないので、査定士が気づかず減点されずに済むからというのが理由です。

    とはいうものの、見逃す程度の擦りキズが大幅に査定に響くことは考えられません。

    実際には来てくれるならいつでもという構えでなるべく多数の業者から見積りをとるほうが良いに決まっています。

    業者同士で競合が起きれば自然と査定額もアップするでしょう。

    自動車を売りに出す前にきちんと洗車しておくことは、直接的ではありませんが一円でも高く売りたいオーナーには是非やってもらいたいことですね。

    じっさいには車が洗車してあってもなくても、ほとんど査定アップには繋がりません。

    しかしながら、自分は今まで車の扱いが丁寧だったという事を印象づけるポイントになり得るのです。

    車の扱いが丁寧でない持ち主よりも好感度アップさせることができるので、見積もりアップも狙えるというものです。

    年間走行距離数1万キロメートルというのが、自動車業界が標準的だと考えている基準値です。

    そうは言ってもこの数字は目安に過ぎず、型式が古い自動車の場合には年間走行距離数はもうちょっと短くなるのが通常でしょう。

    愛車を売ろうという場合にはあまり走っていない車の方がプラスの査定結果が出ます。

    でも、機械というものは定期的に動かしていないと調子が悪くなってしまうのです。

    その車の年式に対し走行距離数があまりにも短い場合には、車を査定するときに大幅にプラスにならないというのを覚えておくと良いかも知れません。

    自家用車を所有しているとたとえ乗らなくても維持費が結構かかるものですよね。

    自分の家の周辺にバスや電車等の路線が発達しているなどの理由から、自動車を所有していなくても交通の便に不自由しないならば売り払ってしまうことで家計がかなりスマートになるでしょう。

    維持費の内訳を見てみると、自動車税や保険料、さらには車検代、自分の家に駐車スペースがなければ駐車場の料金も維持費として挙げられます。

    以上の合計金額を計上すると、1年間で数十万円もかかってしまう場合も見られるのです。