トップページ

    このサイトでは過走行車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「過走行車の買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    過走行車を高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1つの買取店のみとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は明らかに損をする(かなり安く買いたたかれます)ので考え直してください。

    このサイトでおすすめしている一括査定サービスを使えば数分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数社から買取査定の概算価格を比較することができます。利用料は完全無料で全国対応です。

    「この車は過走行車だから高く売れないんじゃないか…」と思っている場合は、一括査定サービスを賢く利用して1円で高く買い取ってもらいましょう。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと言うくらい有名なので安心感も抜群です。
    提携している業者も1000社を超えてダントツ№1!最大50社へ過走行車の買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「年間1万キロ以上走っている過走行車の買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額が分かるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐに年間1万キロを超えるペースで走っている過走行車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が送信されないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、過走行車で10万キロ近く走っていても高く売れる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに多くの会社から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    過走行車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車一括査定サービス。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「10万キロを超えている過走行車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    依頼申し込み後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている厳選された業者だけが登録しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで総走行距離10万キロを超えている過走行車でも高価買取が可能になります。

    最大で10社が過走行車の見積もりをしてくれるので、納得できる価格を提示してくれた会社に長年大切に乗ってきた車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる代表的な一括査定サイト。
    提携企業は約200社以上、最大で10社の業者が過走行車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで買取業者ごとの査定額を比べることができるので、複数業者に査定のお願いをして10万キロ近く走ってきた過走行車を1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サイト。
    過走行車の買取査定の依頼だけでも楽天5ポイント、成約(売却)するとさらに楽天1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    年間1万キロペースで走ってきた過走行車を高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのはありがたいですよね。提携企業は約100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、最大で10社の会社が過走行車の査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    買取業者から提示された査定金額に納得できなかったとき、売るのを止めても特に問題は発生しません。

    複数の買取業者に査定をお願いして比べてなるべく高値で取り引きしてくれるお店を選択して売る方が良いに決まっています。

    その一方で、現実的に契約を結んでからの売却キャンセルは受け付けて貰えないか、受付可能でも損害賠償金を請求されるケースがあります。

    損害賠償などの決まりに関しては契約書に書かれているはずですので、きちんと契約書を読んでからサインすることが重要になってきますね。

    故障や事故で修理をした車の履歴は、万が一隠して買取査定に持って行っても査定スタッフには嘘だと直ぐにバレます。

    事故や故障での損傷が軽く、完璧に修理されているならば一般的な修理車に含めて考えない場合もありますから、隠そうとせずに正直に伝えることが大切ですね。

    事故などが原因で、もし複数の店舗で査定額が付かないと言われてしまった場合には、事故および故障車専門の買取会社にて相談するといいですね。

    中古車買取業者の中には、事故車や輸入車や軽自動車など、限定された車種の販売が得意だったり、若しくは専門としている買取業者が存在します。

    もし自分が売ろうとしている車が軽自動車だったら、当然かもしれませんが、軽自動車の販売を得意とする会社に買い取ってもらった方が高く引き取ってもらえる可能性が出てきますよね。

    そのような会社は中古車の一括査定サイトを使ったときに、他の業者よりもちょっと高い金額を表示してくるので、その点で他と判別することができるのです。

    どこに査定を頼んでも値段がつかないと言われてしまった時は、所有者が選ぶ道は2通りあります。

    いずれ廃車にするつもりであと何年か乗るか、廃車に近い車を専門に扱う業者に売却するかのどちらかでしょう。

    ワケありの車を扱う業者は買取後、その車を中古車として流通させることは少なく、使用可能なパーツに分けて売るといった方法で利益を得ています。

    そんな業態だからこそゼロ円査定されてしまった車でもそれなりの評価で値段をつけることが可能なのです。

    そのほか、廃車にする手続きも代行してくれるので、迷ったらこうした業者を利用すると良いでしょう。

    できるだけ多くの買取業者に見積りを出してもらうことは、車を高値で売却する上で非常に有効な手段です。

    実際に何社以上の見積りをとれば良いのかと聞かれると、一概には言えないところがあります。

    そもそも複数の会社に依頼する意味は、比較検討するためと、競合を行わせ価格のつり上げを図ることです。

    本来の目的さえ満たすものなら、複数というのは何十社でも数社でも問題ないのですが、査定額には有効期限があるので長期化は禁物です。

    自分の車を査定してほしくても、お店に突然車を乗り付けていくのは無茶としか言いようがありません。

    相場もわからなければ、よその店の査定額も知らない状態ですから、価格交渉の根拠がなく、安値になる可能性が高いからです。

    考えられる利点というと、訪問査定を受けるよりも短い時間で売却できるという点に尽きます。

    査定と買取を行う店まで現物を搬入するところまでが済んでいるわけですし、あらかじめ書類一式をそろえて印鑑を持っていけばトントン拍子で契約完了ということも考えられます。

    誰も乗らなくなってメンテナンスもしなくなり、放置されて車検切れになっている自動車でも売ることは可能です。

    売ることはできますが、もうすでに車検が切れてしまっているということは一般道を走らせることは禁止されていますから、現地まで査定士に来てもらって見積もりを依頼しましょう。

    既に車検が終了してしまった自動車でも取り扱いしている買取店ならば、ただで引き取りに来てくれる業者がほとんどです。

    補足すると、査定に出す前に車検を通すことは無意味になるので勧められません。

    車検にかかるお金の方が高くなる事が多く、査定金額アップはあまり望めないため損してしまうのです。

    「不動車」とは完全に動かなくなってしまった自動車のことを指します。

    この不動車も、売却を諦める必要はないと言えます。

    その自動車にもまだまだ価値があるかも知れないのです。

    パーツごとで考えればまだ使えるものもあるかも知れませんし、これらに対して価値を見いだして買取を行ってくれる店はあるところにはあるのです。

    ただし、一般的な中古車買取店では実施していない場合も多いので、事前に調べて不動車を査定してくれるお店に査定をお願いして買取りしてもらうと良いですね。

    親戚や家族が所有者として登録されている車も要件さえ整えば売却できます。

    普通の売買手続きで必要な書類に加え、車検証に記載されている所有者の印鑑証明と、実印を押印した委任状、売主に車を譲渡したことを証明する譲渡証明書の3つが必要です。

    但し、亡くなった方が所有者となっている場合は、印鑑登録も無効になりますから単純にはいきません。

    ですから、所有者の移転登録手続きをして名義を変えてから売却します。

    一般的な売却と違い、亡くなられた方名義の車というのは必要書類も多く、時間も手間も余分にかかることは覚悟しなければなりません。