トップページ

    このサイトでは過走行車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「過走行車の買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    過走行車を高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1つの買取店のみとか近隣のディーラーで下取りということを考えている場合は明らかに損をする(かなり安く買いたたかれます)ので考え直してください。

    このサイトでおすすめしている一括査定サービスを使えば数分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数社から買取査定の概算価格を比較することができます。利用料は完全無料で全国対応です。

    「この車は過走行車だから高く売れないんじゃないか…」と思っている場合は、一括査定サービスを賢く利用して1円で高く買い取ってもらいましょう。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと言うくらい有名なので安心感も抜群です。
    提携している業者も1000社を超えてダントツ№1!最大50社へ過走行車の買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「年間1万キロ以上走っている過走行車の買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額が分かるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐに年間1万キロを超えるペースで走っている過走行車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が送信されないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、過走行車で10万キロ近く走っていても高く売れる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用してすぐに多くの会社から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    過走行車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車一括査定サービス。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「10万キロを超えている過走行車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    依頼申し込み後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている厳選された業者だけが登録しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで総走行距離10万キロを超えている過走行車でも高価買取が可能になります。

    最大で10社が過走行車の見積もりをしてくれるので、納得できる価格を提示してくれた会社に長年大切に乗ってきた車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場を表示してくれる代表的な一括査定サイト。
    提携企業は約200社以上、最大で10社の業者が過走行車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで買取業者ごとの査定額を比べることができるので、複数業者に査定のお願いをして10万キロ近く走ってきた過走行車を1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サイト。
    過走行車の買取査定の依頼だけでも楽天5ポイント、成約(売却)するとさらに楽天1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    年間1万キロペースで走ってきた過走行車を高く売って、しかも楽天ポイントが貰えるというのはありがたいですよね。提携企業は約100社なので他の一括査定と比べると少な目ですが、最大で10社の会社が過走行車の査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定で売却した場合の価格差が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    程度にもよるので一概にはいえませんが、車の中がヤニ臭いときにはマイナス査定になります。

    喫煙の形跡がある車というものは、中古車を禁煙車として買おうと思っている方には確実に売れないからです。

    この煙草の臭いの元は、車中のどこかに付いているヤニ汚れです。

    中古車買取店に持って行く前に車の中を入念に清掃すれば、タバコの臭いを抑えることに成功するでしょう。

    車を一円でも安く手に入れて、なるべく高く売るのが車買い取り店舗の査定士の仕事と言えます。

    中古車販売の営業さんの話を鵜呑みにするのもどうかというところがあって、人を見て相場よりもずっと低く買われてしまう時もあるでしょう。

    現時点での査定相場が前もって何円相当かしっかりと調査しておいて、相場よりも安価に契約しようとされたときに自分の方から駆け引きするつもりでいるとプロの売り文句に惑わされにくくなるでしょう。

    複数の査定業者から見積もりを出してもらうことを俗に相見積もりといいます。

    相見積もりを自宅などに居ながらにして出来るのが、インターネット上の中古車一括査定サイトです。

    それに加えて、相見積もりという言葉の意味には、時を同じくして多くの買取業者に現実的に車を見積もってもらい、査定金額を提示してもらうという意味もあるのです。

    買取販売店の中には相見積もりをしたがらないところもありますが、大方引き受けてもらえるはずです。

    普通の中古車屋の場合、買取査定は無償というところが圧倒的に多いです。

    しかしながら車を買うついでに同じディーラーで下取りしてもらうと、つい下取り額にばかり目がいって、査定代のほうまで気が回らないことがあります。

    中古屋の買取額とディーラーの下取額が同じであれば、査定手数料分だけ下取の方が損ということになります。

    中古車なのだから買取でも下取でも査定は無料だろうなどと思い込んでいると、本来確認すべきことが疎かになってしまうため、契約書にサインする前に査定手数料は必要なのかをあらかじめ確かめておくようにしましょう。

    査定は有料だと言うのであれば、事前交渉によっては無償にしてくれることもあります。

    消費生活センターには例年、何千件もの中古車関連の不安、疑問、トラブルといった諸問題の相談がきます。

    最近では買取に伴う相談電話が増える一方です。

    一例を挙げると、買取一括査定サイトを通じて依頼したら時間を問わずしつこく電話をかけてくる業者がいる、契約するまで帰らないと言われ、押しきられる形で不本意な契約をしたといったものです。

    泣き寝入りすることのないよう、トラブルに遭ったら、消費生活アドバイザーなどがいる窓口へ相談する事がまず第一です。

    乗用車は普通、初度登録の年月をベースに古さを表す意味で、何年落ちといった言い方をします。

    よく混同しやすいのですが、製造年ではなくあくまでも初度登録年から数えますから、わからなくなったら車検証を見てみましょう。

    状態が同じであれば年式の古い車のほうが査定額は低くなり、仮に10年物ならば減額査定も著しく、非常な安値で取り引きされます。

    中古車屋にとっては頑張って売っても僅かな利益しか見込めない商品ですが、買う側から見れば状態の良い10年落ちの車と出会うことができれば、相当安く買えるということです。

    「不動車」とは完全に動かなくなってしまった自動車のことを指します。

    この不動車も、売却不可能だと考えてしまうことはないでしょう。

    その動かない自動車にも値段をつけてくれるところがあるかも知れませんよ。

    パーツごとで考えれば今後も現役で使えそうなものがないとは言いきれませんし、これらに対して価値を見いだして買取してくれる会社はあるのです。

    しかし、一般のお店では買取を断られるケースもありますから、事前に調べて不動車を査定してくれるお店にじっさいの見積もりを出してもらって納得したらそこで売却すれば良いのです。

    当然かもしれませんが、自動車を売買するときには、へこみやキズが目立つ車よりもない車の方がプラス査定になるでしょう。

    かといって、素人が個人で直してしまおうと頑張っても、プロの目で見たらごまかしが効かないばかりか却って傷が目立つケースが散見します。

    誰が乗っても自然に付いてしまうようなごく薄い傷などは、査定対象外と見なされることも多いのです。

    自動車修理の経験があるならともかく、そうでない場合には無理矢理自分で補修しようとせずに、傷などを付けたままで見積もりを依頼した方が良いのです。

    最近よく目にするようになったネット上の中古車一括査定サイトは、車を手放そうと考えているときには大変役に立つツールです。

    一括査定を申し込んですぐ車を売るように勧める電話攻撃が始まるでしょうが、不要な買取会社へは「すでに売却済みです」と言ってしまうことでひどい電話攻撃も和らぐでしょう。

    売却しようとしている愛車を高く査定してくれた何社かを選んで、「実査定」に進むようにしたら良いでしょう。

    しかしながら、査定相場よりもやたら高い金額を示す業者は結局何か問題があったなどと言って、後から査定額を下げてくるかも知れませんので注意しましょう。